ジャンル 日本の歴史と文化

オンライン

【無料体験講座】東寺百合文書を読む デジタルアーカイブで学ぶ古文書学

  • 春講座

宮﨑 肇(東京大学史料編纂所特任研究員、早稲田大学講師)

曜日 金曜日
時間 13:00~13:30
日程 全1回 ・03月26日 ~ 03月26日
(日程詳細)
03/26
コード 719038
定員 450名
単位数
会員価格 受講料 ¥ 0
ビジター価格 受講料 ¥ 0

講義概要

本講座では、「東寺百合文書」をテキストとし、歴史史料にまつわるデジタルアーカイブを使いながら、中世の古文書について学びます。
国宝「東寺百合文書」は、質量ともに日本有数の史料群です。現在、「東寺百合文書」は全点が電子データ化され、デジタルアーカイブとして公開されています(京都府立京都学・歴彩館「東寺百合文書WEB」)。こうしたデジタルアーカイブの充実により、居ながらにして簡単に古文書を学べる時代になりました。一方で、デジタルアーカイブを活用するにはちょっとしたコツが求められますし、やや敷居が高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。ですがご心配には及びません。習うより慣れよ、まずは読んでみましょう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 03/26    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆中世の古文書に関する基礎的な知識のある方、活字化された古文書の読解を学んだことのある方(簡単な読み下しが出来る方)を対象とします。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。
◆本講座に続く、有料講座は以下のURLよりご覧頂けます。
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/51933/
奮ってお申込みお待ちしております。

備考

・会員以外の方が無料講座をお申し込みされる場合は、ビジターとしてお申し込みください。
・無料講座は開講後の授業動画の配信は行いません。

講師紹介

宮﨑 肇
東京大学史料編纂所特任研究員、早稲田大学講師
1972年千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。専門分野は、日本中世史、文字文化史。東京大学史料編纂所「電子くずし字字典データベース」「花押データベース」の開発・高度化研究および影写業務を通じた筆跡・筆法の研究に従事するほか、早稲田大学で書道の授業を担当。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店